日記

エネルギーを循環させるということ

アートライフデザイン
========
年2回恒例で行ってきたアルグールハフラですが、
来月5/19(土)を持ちまして一旦一区切りとなります。
観覧ご予約すでにスタートしていますよ~(^-^)/
=======
★USHA基礎レッスン3回パッケージ★
1回からお申込みOKですよ^^
そして、2回目のみ、3回目のみも大丈夫です!
========
★次回USHAワークショップ~レゲトンでベリーダンスを★
========
ただいま書かせて頂いているメルマガは、そもそもショーやレッスン等の告知の為ではなく
ダンスについての想いや人生哲学(そんな大それたものですらないw)、
ベリーダンスに限らず自分の好きなこと、いいなーと思ったこと、自分の体験談などなど
USHAってこういう生き物、ということを書けたらと思い始めました。
========
★メルマガ登録フォーム★
========
読んでくださっている方はレッスンに通ってくださっている方だけではなくて
なんとなく考え方や価値観に共有してもらえたりする方もいらっしゃると思います。
もしかしたら共感できないけど未知のものへの興味関心から・・・というパターンは、
あるかどうかわかりませんが・・・
後で発信目的によって分化させると思いますが
そうなったとしても、
今のメルマガはずっと「皆さんの役に立つかどうかわからない」スクラップブックでいいかなって、思ってます。
★★★★★★★★
そんなメルマガですが、感想を送ってくださる方がとても多く
自分も予想しなかったほど。
これはとっても嬉しいことでした。
ありがとうございます。
頂いたお返事には、ちょっぴりお時間頂いても返信させて頂いております。
ぜひ気軽にメッセージくださいね。
私自身もいろいろな方のメルマガを購読しているのですが
忙しくてなかなか開封できなかったり
リアクションできなかったりするんですよね。
でも、何か思い立って「開封する」
もっと先にいくと「読む」
さらには「返信する」「感想を送る」
中に書かれたことをご自身の生活の中にあてはめて、実践してみる
なんてしてもらえるということは
本当にありがたく、発信してよかったなあと思うわけです。
変化を起こすことは簡単なことではないけれど
変化を起こす可能性を生み出すには「行動」しかないのです。
考える、ことそれだけでは何も益を生みません。
どんなにちっちゃくてもいいから
動き続けるしかない
全然役に立たないと思われたこのメルマガも
========
★メルマガ登録フォーム★
========
共感したり、刺激を受けたり、自分もやってみよう!と背中を押されるきっかけになったり
その他いろいろ・・・感想をたくさん頂いたりしています。
そんなコミュニケーションが生まれ
私がとっても嬉しい気持ちになれたのは
私のちっちゃな行動ですが「発信する」という行動を取ったから。
そしてお返事をくださったり、コミュニケーションをとろうとしてくださったり
リアクションを起こしてくださる方がいることで
私もまた、みんなと共有したいな~、と思うことを積極的に発信しよう、という行動に起こすことができます。
これは、エネルギーを循環させることにつながるな、と。
★★★★★★★★
この情報過多な世界で
目に映る情報や心に残る情報はほんのひとにぎりで
でも人間の潜在意識は、無意識のうちにその時自分にとって必要な情報というものを
取捨選択して自分の脳に残しているものだと思う。
ここ数年「共時性」のすごさを体感することが多くあるのですが
最近はその傾向がさらに強くなりました。
天から私に与えられた本日のメッセージ
それは
~~~~~~~~
エネルギーを循環させること
~~~~~~~~
でした。
Yさんとのプライベートレッスンでその話題になり
(ダンスの話題の絡みで、です)
その後何気なく普段購読しているメルマガを読んでいると
ちょうど同じような話題が出て参りました。
基礎力がある一定のラインまで到達すると
それ以上魅力的に踊るためには
テクニックや、振りを決まった通りに踊れているか、などでは測れないエネルギーのようなものが必要になります。
じゃあ、エネルギーとかパワーって、
どうやって出したらいいんだろう。
迷った時には、具体化して考えてみるのが有効な気がします。
わたしたちベリーダンサーは
ひとりで踊ることが多いダンスですが
エネルギーを送り出している対象を感じるとよいように思います。
パートナーが実際にいて、肌と肌が触れ合う感覚を想像するのもよいでしょう
肌に触れる風と空気をリアルに感じるのもよいでしょう
ミュージシャンの熱気が、奏でる音のエネルギーがこちらに押し寄せてくるのを実感するのもいいでしょう
観客の視線と送り出す視線の絡み合いをイメージするのもいいでしょう
何か具体的なものに置き換えて考えることがふつうのことになったら
あとは自分ひとりでも大丈夫
ひとりの肉体の中でも
臓器と臓器が
血と肉が
触れあい流れているのを
より生のものとして実感するようになるのではないでしょうか
そんな状態まできたらその時には
生み出される芸術作品にも
まちがいなく血が通い表情が豊かであるに違いありません
私もなにげにシャイな人間で
写真はいまだに好きではないし、表情を作ることも得意ではないけれど
エネルギーを活性化させて、ステキな表現ができるようにがんばりたいと思います~
長いw
ABOUT ME
Usha
Usha
東京を中心に日本各地で活動しているベリーダンサーです。ダンス活動を行う中でのちょっとしたお役立ち情報や学んだこと、感じたことなどについて発信しています。