音楽や衣装など

【ベリーダンス/衣装/手作り】モアシャハット衣装の作り方

モアシャハット衣装の作り方

販売数の少ないモアシャハット衣装。

自分で作れないかな~?と思っていらっしゃる方も多いはず…

 

ということで、以前ステージ向けに作った時のことを思い出しながらメイキング・オブ・モアシャハット衣装について記してみようと思います。

デザイン (スカートタイプ)

以前アルグールダンサーズでステージに出演させて頂いた際の写真です。

当時、モアシャハット衣装を扱っていらっしゃるお店がほとんどありませんでした…

 

なので「アル・アンダルース」「アンダルシア」をイメージして自分で作ってみよ~、となったわけです。

ヘッドピース

帽子をつけるとよりよかったな~?と思ったりしています。

またの機会には作ってみよう。

作り方

●用意するもの

・衣装と同じ素材・色の布

・ヘアコーム

・針と糸

 

お好みの長さの布を用意。

布をヘアコームにくっつけます。

 

シルバー☟

☟ブラック

 

 

髪型は夜会巻きにします。

https://ca-media.jp/beauty/report25

 

夜会巻きの巻き込み部分にコームを指します。

高い位置に。

布がふわっとコームにかぶるようにするとキレイです。

 

注意点1)

コームに布をつける時は、最終的な布の垂れ方を確認しながら少しずつ縫いつけていくと後ろ姿がきれいです。確認しないでテキトーにすると布のドレープがキレイにでないこともあるかも。

 

注意点2)

髪がサラッサラでまとまりづらい方は整髪料に工夫をしましょう。

またはコームをつかわず布を巻くようにして、帽子・髪・ピン等でつけた方が安定します。

こういう感じですね。

写真出典元: https://www.rakkas-japan.com/?pid=131713744

トップス

ロングベスト

●用意するもの

・光沢のある厚手の布(写真の衣装はセラミカサテンを使用しています。)

・縁取りに使うテープ(写真の衣装は2種類のテープを使っています。)

・はさみ

・アイロン

 

生地、布

バックサテンの生地は、日暮里がお近くの方は「トマト」本館3階でたくさんの色数を確認することができます。

https://www.nippori-tomato.com/shop/

 

ネットでも購入できますよ。

必ずしもこの素材でなければ、というわけではないのですが、セラミカサテンなどと比べると裏地にちりめんのような絞りが少し入っていて、少し重厚感があるんですよね。

上品なモアシャハットには合っていそうだな~と思い個人的には好みです。

スカートよりも上着の方が重い生地の方が締まると思うので、おすすめですよ。

 

別のデザインの話になりますが、ショート丈のベストを作りたい方は黒っぽいベロア素材とかが合いそうですね。こういう感じの☟

写真出典元: https://www.rakkas-japan.com/?pid=131713744

 

縁取り

キラキラのテープはこのようなものです。

「スパンブレード」「スパンコール ブレード」などと入力すると検索しやすいと思います。

 

 

作り方はシンプルです。

 

まず後ろ身頃

幅=肩幅より少し広いくらい

丈=方からくるぶしくらい

の長さでカット。

 

前身頃

真ん中に少し首後ろのスペースを取って、トータルで後ろ身頃とぴったりの幅になるようにカット。

丈は一緒です。

まず、ほつれないように裾の処理をします。

 

直線だけでOKなのでお裁縫が得意でない方も安心。

究極のところ縫わなくても、折り返してアイロンすればOK。

その場合はこのようなものを使うとよいです。

そして、①の部分をミシンか手で縫います。

後ろ身頃の真ん中に首の部分を少し開け、両サイドがぴったり重なるように合わせます。

 

 

黄色になっている部分にお好みでスパンブレードを付けます。

縫ってもよいですし、接着剤でもOK。

接着剤は布用のものを使いましょう。

後ろ身頃の首後ろ部分のブレードは、ブレードを前身頃からつながって見えるようにつけてもよいですし、お好みで違うデザインのモチーフをつけてもよいのではと思います。

 

以上。

シンプルです。笑

 

あとはウエスト部分にベルトをつけて着用します。

 

あまりおなかが露わになりすぎないほうがよいですね。

動いても脇腹が「ちょい見え」の範疇から大幅に出すぎないように。

 

布の素材と、身体の幅と、確認しながら身頃の幅を切りすぎないように確認しながらサイズを決めるとよいでしょう。

 

インナー

●用意するもの

・厚手の網タイツ、またはレギンス

・はさみ

・ピケ

 

網タイツでつくっています!

作って…というか切っただけ。

 

同じものが探し出せませんでしたがこのくらいの厚さだったら大丈夫そう。

https://item.rakuten.co.jp/moda-italia/8254/

 

ふつうの縦横の網タイツって感じではないなあ~と思って「網タイツ 草木 柄」などのキーワードで探しまくった記憶があります。

 

〇切る場所

・股の部分

・足首の部分

 

です。以上。

着る時は、股の部分から頭を出して、脚の部分にそれぞれ腕を通してください。

レギンスの場合は足首部分を切る必要がないのでより一層ラクですね。

 

レギンスの場合こうなる感じです。

 

注意点1)

デザインによってはタイツのおなか部分が下着感が出てしまうものもあるかと思いますので、選ぶ際に注意しましょう。ビジューをつけたりして気にならなくなるようであれば、それもアリかと。

 

注意点2)

手首(=元足首)の部分はほつれないようにピケで止めておきましょう。

 

ベルト

●用意するもの

・ストレッチタイプのスパンブレード

・金具

スパンブレードの両端を折り返して縫い、留め具パーツを縫い付けた感じです。
「クラスプ」で検索されるといろいろなデザインが出てくるのではないかと思いますので調べてみてください。

 

スカート

上のステージの際にはスカートは白で各自用意、にしました。

私は失敗してスリットが入っているものにしてしまったのですが脚が見えない方が上品ですね。

スリットの無い、シフォン / サテン / シルク あたりのやわらかくてやや光沢のある素材が素敵なのではないかと思います。

 

購入されるとしたらこんな感じがおススメです。

http://www.dancequeen.jp/product/710

 

https://www.elif.jp/SHOP/CA-D16.html

 

このトップスでハーレムパンツ、という組み合わせでもいいかもですね★

個人的趣味で、素敵だなーと思ったハーレムパンツをメモしておきます。

 

https://manasmana.com/cz0067/

 

それと、

ベストを止めるためのベルトとは別に、スカートのウエストゴム部分を覆うキラキラのベルトを作った方がよかったと反省しました。

詰めが甘いです。苦笑

 

シューズ

こんな感じのフラットでキラキラしたシューズがいいですね。

衣装のベースに合わせてゴールドにするかシルバーにするか選んでみてください^^

 

購入するなら★

最近は以前よりもモアシャハット衣装を取り扱っていらっしゃるお店が増えたような印象です。

これとかかわいいなーって思います。

 

他のお色もあるみたいですよー☆

https://www.rakkas-japan.com/?pid=131713744

ABOUT ME
Usha
Usha
東京を中心に日本各地で活動しているベリーダンサーです。ダンス活動を行う中でのちょっとしたお役立ち情報や学んだこと、感じたことなどについて発信しています。