日記

【インド・ヒンディー映画・ボリウッド】ロボット

映画レビュー

昨日に引き続き・・・

インド映画ネタです。

『ロボット』
出演:ラジニカーント, アイシュワリヤー・ラーイ
監督:シャンカール
言語:ヒンディー語
字幕:日本語
DVD発売日:2012/10/03
時間:139分

だいすきなアイシュワリヤー・ラーイ(*´﹃`*)
 
美しい。
 
そしてさずがラジニカーント様のほとばしりまくるエネルギー。
 
ああぁ・・・インド映画ってこうだよね。
とおなかいっぱいになるくらいの
理不尽、暴走、大暴走の嵐。
 
ロボがすごいことになっちゃってます。
 
 
バルフィとは違う意味で最初イライラした。
 
たぶん
 
自然が好き。
あまりハイテクすきじゃない。
それにロボ、融通きかないし・・・
悪者、本当に悪いし・・・
 
そんな理由。
 
でも、清々しいほどの勧善懲悪や
冷酷なロボになってしまったチッティのもみあげの形や
人間にとって大切なことを伝えるメッセージには
すっきりしたものを感じて気持ちよく今日を終えることができたのでした。
 
 
 
 
 
ABOUT ME
Usha
Usha
東京を中心に日本各地で活動しているベリーダンサーです。ダンス活動を行う中でのちょっとしたお役立ち情報や学んだこと、感じたことなどについて発信しています。