WS

【楽曲情報】Only Time & Anywhere is | Enya

【楽曲情報】Only Time & Anywhere is | Enya

こんにちは♪Ushaです。

本日は2021年11月1日に東京・新宿にて開催予定の振付ワークショップ課題曲について楽曲のご紹介をさせて頂きます。

こちらの振付は数年前に作成したものですが10月のハフラで再パフォーマンスしたところとても好評でしたのでWSを企画いたしました。

UshaのYouTubeチャンネルの動画の中でもとても人気の動画です。ぜひたくさんの方に楽しんで頂けたらと思います。

Only Time & Anywhere is | Enya 音源購入方法

パフォーマンスで使用しているバージョンはEnyaの『Only Time』という曲と『Anywhere is』という楽曲をUshaの方で2曲つないで編集させて頂いております。そのためWSご参加者の皆様と振付動画教材をご購入くださった皆様には直接編集済のデータをお送りいたします。

ダンスや音楽の著作権はとても難しく繊細な問題ですがしっかりと考えてゆかなければいけません。私もまだ勉強中のため最適解が自分の中でも発見できていませんが、一緒に勉強していきましょう。

というわけでオリジナルの音源のご購入をさりげなくお勧めさせて頂きます。

こちら☟で購入できますのでぜひ本物をじっくりお楽しみください♪

Only Time


Anywhere is


楽曲情報

Only Time

楽曲情報

楽曲名 Only Time
アーティスト名 Enya
作曲 Enya / Nicky Ryan
作詞 Roma Shane Ryan
収録アルバム A Day Without Rain (4thアルバム)
発売日 2000年11月11日

歌詞

英語部分引用

提供元: LyricFind

オンリー・タイム 歌詞 © Sony/ATV Music Publishing LLC

日本語訳: Usha

Who can say where the road goes Where the day flows, only time

この道がどこに続いていくのか この日がどこへ流れてゆくのか 誰も知らない 時間だけが答えを知っている

And who can say if your love grows As your heart chose, only time

そしてあなたの愛が あなたの思い通りに育つかどうか 誰も知らない 時間だけが知っている

Who can say why your heart sighs As your love flies, only time

なぜあなたの心がためいきをつくのか 愛する人が去っていくと その理由は誰にもわからない

知っているのは時間だけ

And who can say why your heart cries When your love lies, only time

そして なぜあなたの心が泣くのか 愛する人が偽るとき その理由は誰にもわからない

知っているのは時間だけ

Who can say when the roads meet That love might be in your heart

互いの道が出会ったとき その愛はあなたの心に宿るのか 誰も知らない

And who can say when the day sleeps If the night keeps all your heart
Night keeps all your heart

昼間が眠りについたとき 夜の闇が心を覆ってしまうのか 夜の闇が心を覆ってしまうのか 誰も知らない

Who can say if your love grows As your heart chose, only time

そしてあなたの愛が あなたの思い通りに育つかどうか 誰も知らない 時間だけが知っている

And who can say where the road goes Where the day flows, only time

この道がどこに続いていくのか この日がどこへ流れてゆくのか 誰も知らない 時間だけが答えを知っている

Who knows? Only time

誰にもわからない 知っているのは時間だけ

Usha考察

こちらの楽曲は2001年に制作されたアメリカの恋愛映画『スウィート・ノベンバー』(Sweet November)という作品の主題歌になっています。出演はキアヌ・リーブスとシャーリーズ・セロンとUshaが愛しているお二人の作品ということでそれだけで想い入れが強くなってしまいます笑

1968年のアメリカ映画『今宵限りの恋』のリメイク版ということですがUshaの想いとは裏腹に映画作品としては評価がとても低かった…と記憶しています。

内容は明瞭には覚えていないのですが、ざっくりいうと病に翻弄される感傷的なラブストーリー。

おそらく歌詞もこのストーリーに合わせて作られたのではないでしょうか。ところどころに二人の人生がメタファー(隠喩)的に語られていると感じます。

私の場合は曲を知ったのが先で映画は後で観たのですが、主題歌として流れてきた時に「おお…!この曲が…!!!」と感動してしまいました。

歌詞の中身も知らずにただただ「嘆き」とか「悲しみ」とか「諦め」のような気持ちをこの曲に感じていたのですが、結構根が暗いのでそういうの心に沁みるんですよね笑

聴く時によって違った印象になることもありますよね。私にはこの曲がただただ悲しいだけの曲ではなくて「赦し」「慈しみ」のような温かさを感じたりもするのですよ。

今回のファンベールの振付は、なにか心が晴れない花のつぼみのような状態からAnywhere is で次第に花開いてゆくような雰囲気で踊りたいなーと思って作りました。妄想家ですすみません。

 

Anywhere is

楽曲情報

楽曲名 Anywhere is
アーティスト名 Enya
作曲 Enya
作詞 Roma Ryan
収録アルバム The Memory of Trees
発売日 1995年11月6日

歌詞

英語部分引用

提供元: Musixmatch 
エニウェア・イズ 歌詞 © Emi Music Publishing Ltd
日本語訳: Usha
I walk the maze of moments
But everywhere I turn to
Begins a new beginning
But never finds a finish
時の迷路を歩く
だけど どこを向いても
新しい始まりばかりで
終わりを見つけることができない
I walk to the horizon
And there I find another
It all seems so surprising
And then I find that I know
目指すのは地平線
だけどまたひとつ見つけた別の道
それはすべて目新しく見えるけど
知っているものを見つけた
You go there, you’re gone forever
I go there, I’ll lose my way
If we stay here we’re not together
Anywhere is
あなたは行く 永遠に向かい続ける
私が後を追えば 道を見失う
私たちがもしもここにいても 一緒にはいられない
どこでだって
The moon upon the ocean
Is swept around in motion
But without ever knowing
The reason for its flowing

海の上に浮かぶ月が 波間に揺れている

それが流れる理由を知らないままに

In motion on the ocean
The moon still keeps on moving
The waves still keep on waving
And I still keep on going

海の上に揺れながら 月は動き続けている

波は揺れ続け そして私もまた進み続ける

You go there, you’re gone forever
I go there, I’ll lose my way
If we stay here we’re not together
Anywhere is
あなたは行く 永遠に進み続ける
私が後を追えば 道を見失う
私たちがもしもここにとどまっても 私たちは一緒にはいられない
どこでだって
I wonder if the stars sign
The life that is to be mine
And would they let there light shine
Enough for me to follow

星は示してくれるだろうか 私のこれからの人生を

そして照らしてくれるだろうか 私が従うに足りる光を

I look up to the heavens
But night has clouded over
No spark of constellation
No Vela no Orion
天を見上げる でも夜は雲に覆われて
星座の煌めきはなく ベラもオリオンも見えない
The shells upon the warm sands
Have taken from their own lands
The echo of their story
But all I hear are low sounds
あたたかい砂の上の貝殻は それぞれのふるさとからやってきた
こだまする彼らの物語 私はそのかすかな声を聴いた

 

As pillows words are weaving
And willow waves are leaving
But should I be believing
That I am only dreaming
枕元で言葉たちが織り成すように
そして柳の波は引いていく
だけど私は信じるべきだろうか
私が夢見ているだけだと
You go there, you’re gone forever
I go there, I’ll lose my way
If we stay here we’re not together
Anywhere is
あなたは行く 永遠に進み続ける
私が追いかけていけば 道を見失う
私たちがもしもここにとどまっても 私たちは一緒にはいられない
どこでだって

 

To leave the thread of all time
And let it make a dark line
In hopes that I can still find
The way back to the moment
すべての時の糸から手を離し 暗線を描かせる
あの時に戻るすべを まだ見つけられると信じて
I took the turn and turned to
Begin a new beginning
Still looking for the answer
I cannot find the finish
新しい始まりを歩みだしたあの瞬間に
まだ答えを探している
終わりを見つけることができないあの時に
It’s either this or that way
It’s one way or the other
It should be one direction
It could be on reflection
この道かあの道か 答えはひとつ
進むべき方向はただひとつ  振り返ると
The turn I have just taken
The turn that I was making
I might be just beginning
I might be near the end
たった今曲がった曲がり角 過去に曲がった曲がり角
私ははじまったばかりかもしれない
終わりは近いかもしれない

Usha考察

Enyaの曲はなぜか冬になると聴きたくなります。悲しい-嬉しい、気分を上げたい-まったりしたいと相反する感情のどちらの時にもしっくりくる不思議な雰囲気を持っているなと感じます。

特にこの曲はそんな感じ。

学生時代にバイト先でよく流れていたなとセンチメンタルな気持ちになったりもして…長い時を経た今でもたまに聴きたくなってしまう普遍的な魅力を持った歌。

じっくり歌詞に向き合ってみ意外と長かった…!

振付では曲の後半部分を使用させて頂いています。歌詞を読むといろんな意味にとれるような気もしますが、詩のボリュームの多さに比べてメロディやリズムがシンプル。反復される素朴なメロディには力強さや活力めいたものも感じます。

Only Time で静かに抑えた表現からはじまってAnywhere is で開花するお花のような気持ちで踊っていただけたらとっても嬉しく思います。

アーティスト情報

Enya

アイルランドの歌手、作曲家、音楽プロデューサー。

アイルランドはこのあたりにあります☟

ケルト音楽に影響を受けて独自の音楽を展開する女性ミュージシャン個人であり、音楽プロデューサーを務めるニッキー・ライアンと、その妻で歌詞を手がけるローマ・ライアンとの共同プロジェクト名でもある。生まれ故郷であるアイルランドを中心に活動を続けている。

引用元: Wikipedia

今回はそんなEnyaの楽曲から2曲ということでベリーダンスの王道ナンバーではありません。ですが透き通った歌声とファンベールがすごく似合うのではないかな~と思い選曲させて頂きました。

私はファンベールはロマンティック系が好きなので、今後も自分が満足に踊れるようになるまで踊り続けていきたい作品のひとつです。皆様も一緒に楽しんで頂けたらとっても嬉しく思います。